20 同じ鍵 でも 分からない だからこそ 分かり合いたい

5/20
425人が本棚に入れています
本棚に追加
/284ページ
「んー……あいすぅ……」  まだ寝ぼけているらしい。類が、あおいの肩をそっと揺らした。 「あーおーい!」  もう一度、撫でた。しつこく。 「や。れいおじちゃのとこがいい」 「……は? ぼく、耳が遠くなった? ほら、おいで」  あおいが、類の手を、ぱしっと音がするほど勢いよく、はたき落とした。 「ぱぱ、いや。れ・い・お・じ・ちゃが、い・い!」 「おおおおおおおおおおお……あおい?」  玲の首に、ちいさな手を回してぎゅっとするあおいの姿に、類はまっしろになった。
/284ページ

最初のコメントを投稿しよう!