第4回「『浜松町』を目指すわけ」

1/11
26人が本棚に入れています
本棚に追加
/183ページ

第4回「『浜松町』を目指すわけ」

 その日。大型連休が明け、久しぶりの学校での1日を終えて玄関を開けた時。今日は遅くなるかもしれないと言っていた父の靴があることを、(しがらみ) 久留美(くるみ)は不思議に思った。 「ただい……まー?」  何かあったのだろうか。そう考えながらだったので、挨拶の声もいつもより小さくなっていたかもしれない。  靴を揃えて、リビングへと通じる扉へ向かうと、母の声が聞こえてきた。 「……本当に、思ったより早く帰れそうで良かった」  「帰れそう」とはどういうことだろう。靴があるのだから父はそこにいると思うが……と考えていると、やはり父の声が聞こえてきた。 「引っ越して来たばかりなのに、もう次の転勤の話なんて、怒られるかと思ったよ」  何気なくドアノブに伸ばしかけていた手は止まってしまった。  そっか――久留美は胸が締め付けられる様な感じを覚えた。  母の声が続いている。 「あの子のためにも、いいことだと思うの。できるだけ早く都会に帰って志望校を……」  中学生になってからは初めての引っ越しだったので、もう当分はないと勝手に思い込んでいた。いや、親友と再会できたことが嬉しくて、あえて考えないようにしていたのだと、気付かされた。  久留美の親の仕事には転勤があって、子供である自分はそれについて行かなくてはいけないのだ。今いる所に、友達がいても、好きな景色があっても。  そして――部活動があっても。
/183ページ

最初のコメントを投稿しよう!