1/32
4/199

「嫌だよ、真里花!絶対に嫌!」 「腹括れ、いつかは絶対に会うんだから!」 「嫌だって!死にたい!いつか死ぬなら今すぐ死にたい…!」 引きずられながら、廊下を進む。 「そら、着いたぞ、っと!」 ドンッ!と背中を押されて、2組の教室に放り込まれた。 一番前の、窓際。アイツはもうそこに座っていた。黒の坊主に近い短髪には、濃いネイビーの学ランが、相変わらずよく似合っている。 「…!」 目が合った。合ってしまった。 …だけど、それはすぐに逸らされた。分かり易く、グルリと。 そして、アイツの親友である高須賀たかすか、通称タッキーと、わざとらしく談笑を始めた。 「…見ました?」 「見ました。あからさまですねえ…!」 耳元で、真里花が囁く。私の胸には、グサリと太い棘が刺さっていた。あんな事があるまでは、私が教室に入ったら「おはよう、米澤よねざわ!」って微笑って挨拶してくれたのに。 正直、アイツとしてる最中は、もしかして両想いなんじゃないか?と思った。だって、大切そうに私に触れたから。ま、それは勘違いだったわけだけど。 やっぱり無理だよ、そんなにすぐ傷は癒えないよ…!
4/199

最初のコメントを投稿しよう!