prologue

1/1
10538人が本棚に入れています
本棚に追加
/603ページ

prologue

♪゜・*:.。. .。.:*・♪ 「……面白い。 じゃあ、この俺が、その気にさせてやる。覚悟するんだな」 この世に、 こんなにも美しい男がいたんだな 誰もがそう思ってしまうほどにすべてにおいて完璧な男。 そんな男が今、 やけに広いベッドの上で片膝をついていて、 追い詰められた私がオロオロとしているその様を 怖いくらいに綺麗な不適な微笑を浮かべて見下ろしている。 この男が放つ甘い危険な香りに 私の思考も身体も酔わされてしまったのか たちまち痺れたように動けなくなってしまった。 逃げるのを諦めた私が目を閉じると…… まるでその瞬間を狙っていたかのように ギュッと噛み締めた唇を解すような熱いキスに襲われた。 ――すべてを奪い尽くすような 男の熱いキスに何も考えられなくなっていく……。 ♪゜・*:.。. .。.:*・♪
/603ページ

最初のコメントを投稿しよう!