砂漠の桜

漫画家志望の男が、思わぬ出来事に巻き込まれる。

6 195

14分 (8,000文字)
三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第94回「発覚」に参加しています。

あらすじ

牧野淳一は漫画家になる為に田舎から上京してきた。そんな彼は、仕事仲間の黒田が唯一の友人だった。ある日、牧野は黒田に誘われて彼の実家に行くことになる。そこで見たのは黒田の意外な一面だった。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

森山さんの描く男同士のお話は最高です。 親友の関係にある彼らのやり取りを読んでいるだけで、幸せな気分になるのです。 今回は漫画家のお話です。 時代は昭和。 学生運動などが話題になり、そして…。 まさか

その他情報

公開日 2019/2/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る