小さな国とウォーキングライブラリー

ぼくがいつ消えたって、問題なんてない

17 1,211

38分 (22,589文字)
スター1000達成!ありがとうございます

あらすじ

並外れた記憶能力を持った少年は、十年前に奪われた国を取り戻す為に生まれ故郷を訪れていた。 その国で出会ったのは、死神と呼ばれる殺し屋。 だがその死神は親切にしてくれた女の子だった。 少年は略奪の王と死

目次 9エピソード

もっと見る

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/5/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る