クロツグミ

1/6
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/6

クロツグミ

 5月になり、クロツグミのおかあさんが4つの小さな卵をうみました。おかあさんはやさしく卵をあたためました。それから12日、卵から4羽の小さなひながかえりました。 「まあ!なんてかわいい赤ちゃんたち!」 おかあさんは、虫やみみずを取ってきて、ひなを大切に育てました。4羽のうち最後にかえった一番小さな弟は、とても元気なわんぱく坊主でした。おかあさんの取ってきた虫やみみずを一番先にもらおうと兄たちを押しのけ、兄たちは小さな弟に一番おいしい虫やみみずをゆずるのでした。 夜になると4羽とおかあさんは、巣の中で身を寄せ合って眠りました。おかあさんは、へびやふくろうから大切なひなたちを守ろうと翼の下に隠すのですが、4番めの弟は兄たちを押しのけ、おかあさんのおなかに一番近いところで眠るのでした。
/6

最初のコメントを投稿しよう!