18 決意のバレンタイン

1/18
38人が本棚に入れています
本棚に追加
/37

18 決意のバレンタイン

またしても、やらかした。 帰宅の電車に揺られながら、大祐は密かに細い溜息を零した。 結局、イライラやら不安やらでほとんど一睡も出来ずに迎えた、この日。 会社に休みをもらい、受診をしに行った先で、大祐は医者の目を点にさせた。 「あの、なんだか僕、若年性更年期になったみたいなんです」 「どうされました?」と尋ねられ、答えた大祐の顔を目の前の中年の医者が「えっ?」と声を詰まらせ見返してくる。 だが、さすがはプロ。 目元に淡い苦笑を浮かべつつも、「おやおや」と繋いで、医者は穏やかに 尋ねてきた。 「どうして、そう思われたんですか?」 だから大祐も、昨日の出来事をつぶさに言葉にする。 そして最後に、昨夜は眠れなかったと伝えて小さく肩を落とした。
/37

最初のコメントを投稿しよう!