19 大作戦の裏事情

2/4
38人が本棚に入れています
本棚に追加
/37
それでも、一週間程度ならば「お疲れさん」で済まされるだろう。 だが三週目を迎えるとなれば、「いい加減にしろ」となっても無理はない。 この仕事をしてる限り、やっぱり彼とずっと一緒なんて 夢かワガママだったかな。 だが、そうは思っても、すんなり諦められない。 だから真友子は、ベッドに座って深く溜息を零しつつも、スマホの上に 指を滑らせ大祐にメールを送った。 しかし、ウトウト程度しか眠れなかった夜の間に、一度たりともスマホが 震えることはなかった。 そして朝を迎えても、やっぱり彼からの返事はない。 お陰で、プレゼン当日にも関わらず、真友子の気持ちは暗澹と冷たい沼の底に沈んだよう。 だがそこは、精一杯に自分の中のプロの顔と大人の顔をかき集め、 プレゼンテーションは無事にこなした。
/37

最初のコメントを投稿しよう!