泡沫のような、それは確かに恋だった

世界の片隅で泡沫の恋を。切ない中華風ファンタジー。

27 630

恋愛 完結
15分 (8676文字)
集英社Cobalt コバルト短編小説新人賞 もう一歩の作品 選出 残念ながら大賞は届きませんでした

あらすじ

集英社Cobalt コバルト短編小説新人賞 もう一歩の作品 選出 ――その自由の翼に、恋をしていた。 自分のしている事に何の意味があるのか。民草一人救えないこの手に、何の価値があるのか。己に問い続

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/2/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る