ケーキ屋

8/10
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
ある年の12月の半ばのこと。 見習いとして働き始めたカンナは、綱島さんからの電話でクリスマスケーキの予約を受けました。 チョコレートケーキを予約する人が少なくて、カンナはよく覚えていたそうです。 引き渡しは、12月24日の午後6時。 当日、予約を受けていたケーキが、午後から夕方にかけて一気に引き取られていきました。 そして、午後6時になる頃には、残りあと2個となりました。 少しして、そのうちの1個を若い男性が引き取りにきました。 残ったのは、綱島さんのチョコレートケーキだけ。 けれど、いつまで経っても綱島さんは引き取りに来ず、店長は綱島さんの携帯に電話をかけました。 しかし、電話は繋がりませんでした。 結局、綱島さんは店に来ないまま、その日は営業を終えました。 その翌日、店に一本の電話が入りました。 それは綱島さんの奥さんからで、旦那が会社の帰宅中に亡くなったということでした。 奥さんは忙しい中で、クリスマスケーキのキャンセルと、後日キャンセル料をお支払いしますと言っていましたが、店長の計らいでキャンセル料はなくなりました。 お悔やみを告げると、奥さんはお礼を言いながら泣いていたそうです。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!