中学三年のバレンタイン

4/6
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ
 「松山君。嬉しいこと言ってくれるね」  遠野さん、ぜんぜん嬉しそうじゃない。クールに首かしげた。  「カレも喜ぶって思う」  少しだけ口に笑み。  「もう三十三歳になっちゃったけど・・・  カレ、夢があってね。  夢がかなってから結婚しようって約束なんだ。  わたし、カレの夢、応援するつもり・・・」  ご自分の個人情報、ベラベラ話して大丈夫なんでしょうか?しかも年齢まで・・  これって、     「わたしを好きになってもだめ。悲しませたくないから、最初からあきらめてほしい」 って言いたいのかしら。  カレ氏いたって別に悲しまないんで安心してください。  遠野さんと話をしたって、そのときくらい。    なんで僕の家の前にいるんだろうか?  「こんにちは。」  「おかえり。洋介君のこと、待ってたんだ」  えっ?なんでしょう?    「これ」  赤い包装紙にピンクのリボン。大きさって教科書くらい。  「チョコレート!バレンタインでしょう」  わわわっ?まさか、まさか・・・  僕、びっくり!遠野さん、クールに笑う。  「仕事してるとね。人間関係、結構大変なの。  カレ氏に本命の高級ブランドのチョコプレゼントして・・・  それから会社のみんなにデパートのチョコ配って・・・これって結構な出費。     
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!