雪が溶けたら

心なんて、死ねばいいのに……

31 1,259

青春 完結
1時間40分 (60,000文字)
第二回氷室冴子青春文学賞応募作品

あらすじ

どこにも安らげる居場所がないコミュ障でぼっちの中学生、白川杏子。 とある日、夜中に家を飛び出した彼女はいつの間にか知らない場所に辿り着いていた。 大人の目から逃れるために朝まで過ごそうと、ぼろぼろの神

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る