1 幼なじみはコスプレイヤー

1/8
239人が本棚に入れています
本棚に追加
/186

1 幼なじみはコスプレイヤー

  「頼むよ!あおちゃんお願い!一生のお願い~~~~!」  うるさい居酒屋の店内。  そんな中でも、俺の目の前に座ってる男の声は一際大きく、店内に響き渡る。  チラリと隣の席に座っているカップルからの視線を受けて、恥ずかしい。けど、必死だからなのか…元凶の男は気付いていない。 「啓太、うっさい」 「だって、本気でピンチなんだよぉ、頼れるのはあおちゃんだけなんだってば~」  頭を下げて拝むように両手を合わせたまま、涙目で見上げてくる。  ダメだ、これはもう俺が首を縦に振らない限りは終わらない。相手に気を使うこと無く盛大にため息をつきながら、分かったよとだけ返事を返す。  そうすれば、今度は大きく万歳をされてしまった。どちらにせよ、こいつのリアクションの大きさは変わらなかったんだった。  数年ぶりに再会した幼なじみのテンションを身をもって感じて、思い出していく。  俺、小川葵には幼なじみがいる。  家が隣同士、同い年、同じ男。そこまで一致してれば自然と友達になり、いつでも一緒につるむようになるのに時間はかからなかった。     
/186

最初のコメントを投稿しよう!