第1章《大学の恐怖サークル》

1/2
20人が本棚に入れています
本棚に追加
/160ページ

第1章《大学の恐怖サークル》

なぜかあたしが所属する、この《恐怖サークル》… 妙な噂が絶えないのよね! 異世界へ行く方法を試した 生徒達が次々行方不明になってるそうなの… 異世界になんて行けるわけないのに そんな世界は存在しないのに みんな、異世界はあるものだと思ってるわ! このサークルで行方不明になった 生徒達はただの家出だと、あたしは思ってるの まあ、異世界が…パラレルワールドが迷信だってことを このあたし、小石田 岬(コイシダミサキ)が証明してやるわ! あたしが試すのはタットワの技法… スマホの画面で単純な図形の組み合わせを眺めているだけで 異世界への…パラレルワールドを垣間見ることができる スクリーンが展開するらしいの… 馬鹿馬鹿しいけど試してみる価値はある それに、その結果どうなったかの レポートとかも書かないといけないし… あたしは家に帰ってきてるところで 大学そばのマンションで一人暮らししてるわ スマホがあればすぐにでも実行できる… 部屋に戻ったあたしは大学の鞄を床に放り投げて 二人がけソファーに寝そべり スマホの検索機能でタットワの技法で使われる 単純な図形の組み合わせがされてる画像を探した
/160ページ

最初のコメントを投稿しよう!