あらすじ

1/1
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

あらすじ

18世紀末、不老不死となったある男はヨーロッパとその植民地から逃げるべく、植民地化することがないと予言された極東へ訪れた。 鎖国の輪を巧みにくぐり抜けた彼は、21世紀現在に至るまで日本で生涯をすごす。 江戸時代中期、なぜか彼の体質が九州を中心に感染していった。その中には、死んで再生を繰り返すことで、突然変異により超人的な力を持つ者も現れるようになった。 明治時代、彼らの存在に気づき始めた新政府は彼らを捕獲し不老不死となる方法を探る為の組織「竹取」を設立した。 竹取は現在、政府から独立して活動を続けているという……
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!