四 ぼくが溶けた

1/5
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ

四 ぼくが溶けた

 大混乱の給食時間の後、学校全体が閉鎖され、ぼくたちは下校になった。  ぼくは第二の計画を実行にうつすべく、前を歩くケンちゃんの黒いランドセルを見つめた。  心臓がどきどきと鳴っている。ぼくは唾を何度も飲み込んで、意を決して声をかけた。 「あの――伊藤くん」  緊張のあまり声が震えてしまった。  ケンちゃんはぎょっとしたように振り向くと、「なんだよ」と不機嫌そうに睨みつけてきた。ぼくみたいなのが話しかけてきて、びっくりしたのだろう。 「あ、あのさ。そこの自販機で間違ってオレンジジュースを買っちゃったんだけど、やっぱりすっぱくて苦手で……よかったら飲まない?」  ぼくはケンちゃんにジュースの缶を差し出した。  ケンちゃんは缶にちらっと目を馳せると、ぼくを見すえた。 「おまえ、それに猫入れただろ」  ぼくはうたれたように立ちすくんだ。 「あの給食騒ぎ、おまえのしわざだったのかよ。見かけによらずすげえことすんなあ」
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!