僕らが思い出すその日のために

高校最後のバレンタイン、不思議なカードがクラス全員の机に入っていた

蜜鳥

BL 完結
14分 (7,875文字)
2/14完結!

50 150

あらすじ

高校最後のバレンタインデーの朝、クラス全員の机の中に差出人不明のカードが入っていた。誰が何のために送ったのか、個人的なことは一切書いてないその文面を眺めている敦人を、遥希は複雑な気持ちで見ていた。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る