2.黒くぬれ!(Paint It, Black / The Rolling Stones)

1/45
26人が本棚に入れています
本棚に追加
/305

2.黒くぬれ!(Paint It, Black / The Rolling Stones)

 かれんが勤める、無料求人情報誌「ワークニュース」を発行している「株式会社スカイ」の新潟事業部。  朝、まだスタッフがまったりと始業の準備をしたりコーヒーを淹れたりしている中、事業部の部屋のドアが「バンッ!」と開いた。  開いたドアから入って来た男を見て、部屋中のスタッフが凍り付いた。 (――ひっ、久しぶりに、怒ってる?!)  かれんはノートパソコンのキーボードを叩いていた手を止めて、ドアから入って来た部長の野辺(のべ)公威(きみたけ)の顔を恐る恐る見つめた。  新潟事業部の部長の野辺は、見た目はそれこそ映画やドラマの悪役みたいな顔をしている。  目つきも悪いし、ガタイが異様に良い。身長はそれほど高くないのに、ガタイが良いせいで実際の身長よりも遥かに大きく見えた。  かれんも入社した当初、野辺をひと目見るなり(自分の人生も終わったかも……)と思ったものだ。  だが、実際に接してみると、野辺は意外にも非常に善良な人間だった。  顔や体つきが怖いだけで、根は自分の家族と会社と部下をトコトン大切にする、素晴らしい上司だったのだ。  ただ、そんな野辺も半年に一回か二回くらい、ものすごく不機嫌な表情で出社して来る時がある。  不機嫌だからと言って部下に当たり散らしたりなんてことはしないし、根が良い人間だとわかっていても、その「ものすごく不機嫌な表情」は事業部を一瞬にして凍り付かせるほどの迫力に満ち溢れているのだ。  どうも、今日が野辺の「半年に一回か二回くらい、ものすごく不機嫌な表情で出社して来る」日のようだった。 (――何があったんだろう?)  かれんはこの間、野辺が不機嫌な表情で出社してきた時のことを思い出した。  確かこの間、野辺が不機嫌な表情で出社してきた時は、奥さんとケンカしたとかそういった理由だったと思ったが……。
/305

最初のコメントを投稿しよう!