円環のホメオスタシス 「押入れを開けるとそこには:A」

2/7
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ
 茹だるような暑さの夏のことだった。俺と同じサークル仲間で、中学からの付き合いの赤影忍(あかかげしのぶ)は、俺と机を挟んで、パイプ椅子に座りながらカチャカチャと手の中で白黒の石を弄んでいた。理由としては至極単純で、大学のサークルの部室でグダグダとオセロをしているからだ。  なんのことはない、講義もなくてバイトもない。そんな日がな一日、なんとはなしに部室に転がってたオセロを手に取って久しぶりにやっていた、それだけのことである。 「なんかさぁ……」  パチッと、黒が白にひっくり返った時に、忍が少し長めの前髪をクルクル指先で弄びながら言った。 「サマウォとは言わねーけど、この夏なにかミラクルなイベントが起きて欲しいよなぁって」 「なんじゃそりゃ」  またパチッと音がして、今度は白が黒にひっくり返る。 「いや、だってさ。俺達も大学4年なわけじゃん? これまで特にビッグイベントってほどのことも起きなかったし、この最後の夏になにか起きねぇかなぁって」 「まあ言いたいことは何となくわかるけど、具体的には?」  今度は3枚の黒が白にひっくり返る。「やるねぇ」と忍が言いながら、そつなく角をとっていく。 「んー……まあ無難なところで言えば夏らしい何かしらのイベントに主催者側で参加、もしくは彼女と一緒に行く、とか」 「まあ無難だな。問題はそんなイベントを主催する予定も、彼女もいないってところだけど。ちなみに無難なところじゃないところで言えば?」  別の場所の角を取りながら聞き返す。 「ファンタジー的な何かとか、SF的な何かに巻き込まれる的な。俺たちが世界救ってやるぜ! ……とまではいかないまでも、何かしらの秘密を共有したりとかさぁ。まあ死にたくはねえんだけど」 「お前この年になってまだ厨二病抜け切れてないのか?」 「例えばの話だって。だから最初に無難なところで言えばって方をあげたんだからさ」
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!