わたしは特別な子だった。

好奇心は猫を殺す。特別なわたしは子猫を護れるのか?

26 582

11分 (6,208文字)
わたしは特別な子だった。 誰もわたしに似ていない。 髪形も、洋服も、話す内容さえも。

あらすじ

ミステリアスな『少女まみ』の表紙絵は『あーちゃん♪様』より。 https://estar.jp/users/153987011 https://estar.jp/novels/25508518/vie

感想・レビュー 2

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2019/2/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る