ほしがりさん

1/2
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/2

ほしがりさん

「姫、そろそろお戻りになられたほうが……」 「大丈夫よレアン。バレやしないわ。それにここでは姫って呼ばないで。それこそバレちゃうじやない」 「分かりましたマリエッタ。ですが何かあったら只事ではすみません」 「心配性ね。これからこの国に住むんだから、よく知っておかないといけないでしょ」 「確かにそうではありますが、タイミングというものが……」 「ほら見てよさっき買ったここのホットドッグ。すごくジューシーでおいしそう! いただきまーす!」 「そんな下賤の食べ物、何が入っているか分かりませんのに……」 「私は欲しいもののために動くの。それに、私の情報が役に立つことだってあるんだから」 ホットドッグにかぶりつきながら、マリエッタは少しだけすねて見せた。 「それより準備、できてるんでしょうね?」
/2

最初のコメントを投稿しよう!