武器術

1/2
80人が本棚に入れています
本棚に追加
/95ページ
『港区立青山中学校VR eスポーツ部、部員募集!  男女の別なく、年齢の別もなく、体格の別もない。  人であるかぎり誰もが同じフィールドで対等に戦うことができる。  そんな夢のようなスポーツが、この世界には存在する。  そのスポーツの名はeスポーツ。  コンピューターの発達にともない可能となった電子機器を介して行われる競技、いわゆる、対戦ゲームである。  eスポーツの競技人口は二〇三八年現在、全世界で一〇億人を超える。  これは野球やサッカーのような電子機器を介さないスポーツから、チェスや将棋のようなボードゲームまで含めたありとあらゆる競技の中で、最も大きい数字だ。  地球で一番人気があるということは、このスポーツでチャンピオンになれば地球で一番のカリスマになれるということ。  地球の主人公になれるということ。  主人公になろうとするのに理由なんてない。  この部に入って、私と一緒に地球の主人公をめざそう!』  そう書かれたチラシを春瀬ゆめは、椅子を踏み台に使って校舎の壁の上の方へもっていく。  右上、左上。右下、左下。四つの画鋲を刺し終えた瞬間、ゆめは椅子の座面を蹴り、颯爽と飛んだ。制服のスカートが空気を孕んで膨らむ。しなやかな着地を決めるやいなや、ゆめはバレエダンサーのようにくるりと体を回し、チラシに向きなおる。  パン、パン。音を立てて合掌し、目をつぶる。 「部員、来ますように」  チラシを神社の拝殿に見立て、祈りを捧げる。このチラシの文はゆめ自身が考えたものだ。 「よいしょ、っと」  長い祈りを終えると、椅子を脇に抱え、目の前にあるVR eスポーツ部の部室へ入る。  VR eスポーツ部の部室は教室の半分ほどの広さで、普通の部室と比べるとやや広い。  床には、二〇二九年に実用化した新型のランニングマシンである二軸ランニングマシンが、九台配置されている。  このランニングマシンの最大の特徴は、ベルトコンベアが二軸化されていること。  二軸ランニングマシンのベルトコンベアは、無数の小さなベルトコンベアを横に延々と繋げることで形作られている。この構造のおかげで、二軸ランニングマシンは縦にも横にも、二つを組み合わせれば斜めにも、人間の歩行や走行を相殺することができるのだ。  この革新的な機能によって二軸ランニングマシンは、二〇三八年現在、VRスーツで触覚体験を得るタイプのVRを実現する上での必需品となっている。  VR eスポーツ部の根幹といっても過言ではないこの設備の脇を通り、ゆめは部室の最奥部に鎮座するロッカーの方へ歩いていく。  この部室には二軸ランニングマシンの台数に合わせた九個のロッカーが置かれていて、それぞれの中には一着のVRスーツと一個のVRゴーグルがしまわれている。  横並びに置かれた九個のうち一番まん中に置かれているのが、ゆめのロッカーだった。  扉をあけ、真っ白いVRスーツを取りだす。  手早く着がえを済ませると、ゆめはさっそく二軸ランニングマシンに乗った。  高さ一〇センチの台の上でゆめは、VRを接続する前に一度、深呼吸をした。それからゆっくりと目蓋を閉じる。そうさせたのは、感慨だった。自分でもよくわからない不思議な感慨が胸を満たしている。VRが既に接続可能であるにも関わらずゆめは、物思いに沈んでいく……  ノーベル賞受賞者。  教科書に載っている偉人。  音楽室に飾られた肖像画。  歴代の総理大臣。  日本の民間企業における管理職。  プロ野球選手。  Jリーグ選手。  プロeスポーツプレーヤー。  一見何のつながりもないように見えるこれらには、実は一つの共通点がある。  それは、その地位に就くほぼすべての人間が男性によって占められているということ。  この世界は根本的に、女性が大きな夢を抱ける世界ではない。  人類八〇億人の半数を占める『女性』にとって立ち入ることのできない領域が、この世界にはあまりにも多すぎる。  女は一体、何のためにこの世界に生まれてくるのか。同級生よりいくらか知性の発達が早かった春瀬ゆめは、小学六年生の頃にはもうすでにこの世界の在り方に対し疑念を抱いていた。  一一歳のゆめは、見えない何かに頭を押さえつけられているような閉塞感を感じながら、その閉塞感の根源である世界の理に対する憤りをため込みつづけていた。  女として生まれたゆめにとってこの世界は、知れば知るほど幻滅させられる世界だった。  しかし、そんな彼女の失意の日々にある日突然、転機が訪れることになる。  それは、冬休みを間近に控えた十二月中旬に起きた出来事だった。  放課後、午後四時。いつもの通学路を通って一軒家の自宅に帰宅したゆめは、玄関で靴を脱いだあと、いつものようにリビングの前を通り過ぎ自室のある二階へ上がろうとした。そのとき、たまたまついていたリビングに置いてあるテレビから、あるニュースが耳に流れ込んできたのだ。 『九人がチームを組んで戦うVR eスポーツ、「人間チェス」の国際大会で史上初めて女性プレーヤーが大会MVPに選出されしました。史上初となる女性戴冠者、その名は嵐龍!』  思わず顔を向けたテレビに映しだされていたのは、巨大な升を思わせる、城壁型のスポーツ施設だった。  二〇二一年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となった新国立競技場。  明治神宮野球場。  明治神宮バッティングドーム。  秩父宮ラグビー場。  明治神宮外苑アイススケート場。  神宮外苑フットサルクラブ。  明治神宮外苑テニスクラブ。  明治神宮外苑ゴルフ練習場。  これらはすべて東京都新宿区霞ヶ丘町の敷地内にあるか、でなければ隣接している施設だ。  新宿区霞ヶ丘町は、大げさではなく、日本のスポーツ文化の重心といっても過言ではない街だった。  時代の節目を感じさせる二〇三〇年、この競技場のメッカにまた新たな施設が誕生することになる。  巨大な升を思わせる、真四角にして垂直にそそり立つ城壁。  その施設を人は、明治神宮人間将棋スタジアムと呼ぶ。  節分のときに豆を入れる升。マス目という言葉の由来となった、真四角の器だ。  それを一〇〇〇倍に大きくしたような石の壁がテレビ画面に映しだされる。  城壁の高さは一六階建てのマンションに相当する五〇メートルだが、横幅が二〇〇メートルもあるので建造物としてのスケールは大きい。  本当に石でできているわけではないが、見た目上の材質はとりあえず白い石で統一されている。外観がシンプルだからこそ、この建物にはピラミッドに通じる厳然とした威圧感がある。  壁の上の縁は塀になっていた。その内側に大人から子供まで大勢の人が集まっている。家族連れ。カップル。子供だけのグループ。まるで社会の縮図であるかのように、本当にありとあらゆる人々が集まっていた。彼らこそ、eスポーツとは切っても切れない存在、観客である。 『明治神宮人間将棋スタジアムにて開催させていただいております、RAGE! JAPAN TOURNAMENT。本日の対戦カードはTEAM呂布 VS TEAMカエサルとなっております』  城壁型のeスポーツ会場に、eスポーツ実況者・安木松太郎の声が響きわたる。 『大変長らくお待たせいたしました。両チームの入場の準備が整いましたので、みなさまどうぞ拍手でお出むかえください』 『『おおーっ!』』  待ってましたといわんばかりに拍手と歓声が沸き起こる。その熱気のさらに上を行こうと、実況者はいっそう声を甲高くする。 『それではまずはTEAM呂布の入場です。会場のみなさま西の門にご注目ください!』  言いおわる前から、観音開きの城門はギギギという重々しい軋み音を響かせはじめていた。  軋み音が治まった瞬間、開ききった城門から堰を切ったように兵士たちがなだれ込んでくる。それは、多民族国家中国を象徴するようなバラエティ豊かな軍勢だった。  毛織物の服を着た軽装歩兵が三人。  鎖帷子を着た軽装歩兵が三人。  筒袖鎧――中国の三国時代に普及した半袖付きの鱗鎧――を着た歩兵が二人。  合計八人の歩兵が列をなして入場してくる。  八人の歩兵のうしろに、一騎の騎兵が続く。がっしりとした体躯の男だ。筒袖鎧を身にまとい、長柄武器を手にしている。 『中国人間シャンチーリーグで幾度も栄冠に輝いた中国の国民的英雄、呂布! その名声にたがわず、各国で行われるトーナメント式の大会でも無敵の強さを見せつけてきました。必勝戦術・嵐龍戦術は今日も炸裂するのか!』  そこで呂布は実況に呼応するように長柄武器を掲げた。三日月状の横刃――月牙――を伴った穂先が天を突く。三国志の呂布を象徴する武器、方天画戟だ。直後、女性達の発する悲鳴にも似た黄色い声援によって場内が満たされる。 『それでは皆さま、次は、東の門にご注目ください!』  熱気がほどほどに静まったところで、実況がまた口を開く。 『カエサル率いるローマ軍の入場です!』  言い終わったとき、もう既にギギギという音が響き始めていた。下から上へスライドするように門が開いていく。奥から姿を現したのは、甲冑をまとった歩兵部隊だった。列を成して入場してくる。  カシャン、カシャン、カシャン、カシャン。  八人の歩兵の後ろに、一騎の騎兵が続く。騎兵だけが兜にトサカ状の赤い飾りをつけ、胸筋の盛り上がりを象ったプレートメイル――トラクス――を着ている。この露骨な違いは、この中の誰が王将で、誰が駒なのかを明確にするためのものだ。  VR eスポーツ人間将棋プロゲーマー、カエサルは、イタリア人的な特徴を持つ端正な顔立ちの男だった。 『昨年の有識者による投票で、世界十大プレーヤーの一人に選ばれた注目の若手、カエサル選手! VR eスポーツ・人間チェスのイタリア選手権とヨーロッパ選手権を共に制覇した昨年の活躍は世界に衝撃を与えました!』  そこでカエサルは王の司会に呼応するように、腰に差してあった剣を引き抜いた。天を突くように掲げられたのは、先端が鋭く尖った両刃の剣。ローマを象徴する短剣、グラディウスだ。歓声が瞬時に沸き、壁内のボルテージが沸騰する。  熱狂的な歓声に堂々とした身振りでこたえる彼らは一見、本物の人間のようにみえる。しかし、じつはその正体は人間ではない。観客は、彼らの身につける装備品が本物だから目をごまかされてしまっているだけなのだ。  服の下にあるボディの正体は、じつはカツラのついたマネキンに過ぎない。しかし。マネキンはマネキンでも、服屋に置いてあるような普通のマネキンとはわけがちがう。  このマネキンには、ゴム製スマートロボットという別名がある。ゴム製スマートロボットとは一言でいうと、空気圧で動く仕組みのロボットの金属部分をすべてゴムに置換したようなロボットのこと。その一番の特色は、空気の吹き込み方でどんな形状にも変化するという点だ。  このロボットの形状を自在に変化させる機能は二つの柱によって成りたっている。  ひとつ目の柱は、ゴムそのものの素材だ。  ゴム製スマートロボットの素材には、アクアマテリアルとよばれるゴムが用いられている。  アクアマテリアルは東京大学の研究室が二〇一〇年に開発したゴム系の新材料である。この素材にはゴムを超える二○倍の伸縮率と、コンニャクの五○○倍に相当する強度があり、さらには裂けた部分が勝手にくっつく自己修復性まで備わっている。  強度、伸縮性、自己修復性。ゴム素材に必要な要素全てを備えもつアクアマテリアルは、まさに究極のゴム系素材といえる。この素材が、ゴム製スマートロボットにおいては人でいうところの体の表面、つまり皮膚として機能することになる。  第一の柱が皮膚なら、第二の柱は体を動かす筋肉だ。  ゴム製スマートロボットの運動性を担うのは、アクアマテリアルの内側に隅々まで張りめぐらされている擬似血管系だ。それは一本の動脈からはじまり一五○○億本の毛細血管へいたる、人体の血管系の末広がりな構造を極力模倣して作られたもの。そのゴムの血管系に血液ではなく空気を送りこむことで、空気圧によってゴムの形状を自在に変化させるというわけだ。  怒号に近い歓声が収まるのを見計らい、司会進行役を兼ねる実況者は口を開く。 『時間になりましたので、両軍に軍色をつけます。カエサル選手は青、呂布選手は赤で問題はありませんでしょうか?』 「はい」  両選手が即答した瞬間、呂布軍の軍勢の肌が薄い青になり、カエサル軍の軍勢の肌が山吹色になった。これらは、闘技場の壁面に何十台と設置されているプロジェクターにより投影された、ダイナミック・プロジェクションマッピングの映像だ。  ダイナミック・プロジェクションマッピングは、 動く物体を自動的に追尾して映像を投射し続けることができる新時代のプロジェクションマッピングだ。二〇一八年に東京大学の研究室が実用化した。  夕日色の光はレッドサンセット、青白い光はブルームーンと一般に呼ばれている。  このように肌にわざわざ色をつけるのは、そのままの色だとどうしても生身の人間が殺しあっているように見えてしまい、プレーヤーにとっても、見ている観客や視聴者にとっても生々しいからだ。敵味方を明確にする意味もある。日中なのにプロジェクションマッピングが機能するのは、試合時刻が日の傾いた午後三時で、垂直な高い壁が直射日光を自然と遮るためだ。  日陰の戦場に肌だけぼんやりと浮きあがるので、どの兵士も甲冑を着た幽霊に見える。  呂布の中国軍は月光色の幽霊。  カエサルのローマ軍は夕日色の幽霊。  幽霊軍同士の戦いが今まさに幕を開けようとしていた。  ゴーーン! 「テストゥド!」  試合開始を告げる銅鑼の音が鳴り響いたと同時に棋士にして王将のカエサルが叫んだのは、亀甲隊形を意味する言葉だった。カエサルを除く八名の軍勢が、素早く指令に従い密集し、その内の四人が全身を隠せるくらい大きな楕円形の盾を頭上に掲げた。全ての盾が一様に真紅に染まり、同じ大きさをしていた。これこそが、ローマ軍を象徴する盾、スクトゥムだ。  同じ大きさ、同じ形状、同じ色の盾を規則正しく並べることで巨大な一つの甲羅を形作るテストゥド。ローマ軍の代名詞といえる連携防御だ。これにより、弓矢や投擲といった遠隔攻撃はほぼ無力化される。カエサルに限らず、ローマ将軍系の多くの棋士が当然のように用いる戦術だった。  人間将棋の本質は、古代・中世の武具の復元品を着たマネキン型ロボットを操作して行うリアル剣闘である。競技内容は二チームによる殲滅戦。古代ローマのコロッセオにおける剣闘がそうであったように、なにをしてはいけないというルールがあるわけではないが、王を先に取った側が勝ちという将棋とチェスのルールだけは踏襲している。一人の人間が一体のマネキンにログインし対戦を行うこの競技では、王の役は必ず棋士=チームキャプテンが担うことになっている。  カエサルが指示した陣形テストゥドは、棋士にして王である自身を守らせるための壁の役割も果たすことになる。  二〇三〇年代におけるVRは仮想現実に五感を繋ぐフルダイブVRではなく、VRゴーグル、VRスーツで視覚&聴覚&触覚を表現するタイプのVR、いわゆる3VRだ。  3VRにおいてはプレーヤー本人のありのままの身体能力が『ステータス』となる。  そのためこの世界で上を目指す者には必然的に、現実世界における生身の身体でもって武器をあつかう技術――武器術――を習得する必要性に迫られることになる。  武器、盾、兜、鎧。各々に自分の装備を纏ったアバターキャラたちが、古代ローマのコロッセオをほうふつとさせる巨大闘技場の内側で、敵軍の王を討つべく戦いを繰りひろげる。  敵味方が入り乱れ乱戦の様相を呈しつつあるこの戦場には、一人だけ異次元の輝きを放つ兵士がいた。この兵士こそ戦場における唯一の女性プレーヤー、嵐龍である。  ボブヘアーの美しい黒髪を靡かせながら、嵐龍は痩躯の女性ならではの軽快な動きで敵兵を翻弄する。  ふわり、ふわり、ふわり。風に舞う落葉をほうふつとさせる、軽快にして不規則な動き。  予測が難しいその動きの合間に小剣による斬撃を放ち、敵を一人、また一人と屠っていく。  戦っているというよりは、軽やかな舞を踊っているように見える挙動。  それは中国伝統武器術、『酔剣』の動きに他ならなかった。  嵐龍の酔剣には、敏捷性や柔軟性といった女性特有の武器がいかんなく発揮されていた。  彼女は兜はかぶらず、胴には筒袖鎧――三国時代に軍の主要な甲冑として使用された、鱗状の小札を隙間なく重ねて作る鱗鎧――を纏っている。  守りを捨てているからこそ実現できる悪魔的なスピードに、長方形の盾と鎧兜で身を固めた重装のローマ兵はまったくついていくことができず、なすすべもなく切り伏せられていく。  美しくも恐ろしく、凛々しくも猛々しい。中国伝統武器術『酔剣』特有の流水を思わせる優雅な剣舞を実況者は絶賛し、ファンは喝采を送る――そんな光景をテレビ越しに見た一一歳のゆめは、頭を強くぶん殴られる感覚を味わうほかなかった。  初めて経験する体の芯から湧きだす興奮に身を震わせながら、ゆめはこのとき悟った。  この世界が女性が大きな夢を抱ける世界ではないというのは、自分自身の勝手な思い込みに過ぎなかったのだということを。  この世界が今も女性にとって閉ざされた世界であることは、厳然たる事実だ。  でも、だからこそ。  私たちの世代の頑張りで、これから切り拓いていくことができるんだ。  この世に完璧な人間というものが存在しないのと同じように、完璧な世界というものももしかしたら存在しないのかもしれない。  でも、だからこそ。  どんな時代に生まれたとしても、人は必ずなにかと戦うことができるんだ。  あの人、嵐龍がそうしてみせたように。  私も、世界の壁と向きあおう。  そして。  物語を創っていこう。
/95ページ

最初のコメントを投稿しよう!