ベランダ

1/3
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/49

ベランダ

灰色の買い物かごに入れた豆腐一丁の重みは、そのまま生活の確かな重みとして左肘の裏を刺激する。 豆腐を入れる前から入っていたカップ型の容器のスナック菓子や、アーモンドチョコとは比べものにならないその重みは、仕事で疲れた僕の足元を軽くする。豆腐の横にあったこんにゃく、精肉コーナーで豚バラ、野菜コーナーで人参、ゴボウ、大根と次々に放り込めば、僕のひじの裏は更に嬉しそうな悲鳴を上げる。 「1182円になります」 レジのお姉さんが告げたその値段は、今日の僕が彼女に差出せるありったけの愛。 せんひゃくはちじゅうにえん。 その数字を口の中で転がしながら、僕は彼女が待つワンルームのマンションへと続く夜道を歩く。 「違うんだなぁ、こういうことじゃないんだなぁ」 味噌の香りが充満する部屋。狭いキッチンの小さな換気扇をフル回転させても、調理をすればたちまち部屋は食材が放つ香りで満たされる。     
/49

最初のコメントを投稿しよう!