1

2/35
2127人が本棚に入れています
本棚に追加
/399ページ
彼はクラスの中心にいて 誰にでも優しくて いつも笑顔で かっこよくて そんな彼が僕は大好きだった。 いつも遠目で見る事しか出来なくて、 高2のクラス替えの時、 初めて席が隣になった。 竹内「今井また同じクラスだな、 よろしく!」 竹内アオは屈託のない笑顔で笑った。 奏「あっ......うん!よろしく」 僕の事を知っててくれた........。 奏は顔を隠すように眼鏡に触る。 ただの挨拶なのに それだけで胸がいっぱいになった。 目が合っただけで心臓が高鳴った。 これは恋なんだとすぐに気付いた。
/399ページ

最初のコメントを投稿しよう!