第零話 中東生物災害
1/4
1/131

第零話 中東生物災害

 ――それは『中東生物災害』と呼ばれた事件。  まだ幼かった『黒野影仁くろのかげひと』は早くに両親を亡くし、弟と共に兵士として訓練され、戦場の最前線で戦っていた。しかし彼は淡々としており人生に絶望もしていなかった。ただ生き抜くことができれば、それでいいと。そのためであれば、人を殺すのもやむを得ないとさえ思っていた。
1/131

最初のコメントを投稿しよう!