はるのおと 其の二

「先生のセキュリティーも破っちゃった?」不器用な大人達の恋路を励ます親方の寿司。

ツヅキミト

恋愛 完結
14分 (7,986文字)
「はるのおと」シリーズ第二弾。大人達の臆病な心を、親方が包み込む―。

15 556

あらすじ

仙台市青葉区柳町通。大日如来堂前の寿司処「はる道」。親方の玄道昭三(はるみちしょうぞう)のもとへ、通う二人の高校教師、袖井かの子(そでいかのこ)と津曲克俊(つまがりかつとし)。最近、二人は一緒に店に来

感想・レビュー 2

 ツヅキ先生に関してわたしの知ることはまだ少ないが、彼女の作品には、彼女の持つ言葉と思考が詰まっているといつも感じる。  決して押し付けがましくない言葉で、さまざまなことを丁寧に伝えてくる。  そ
1件
 立て続けに短篇を発表している作者の第三作目。  今回は、先回、紹介した『はるの音 其の一』の続編にあたる。  前の作品もよかったが、今回の作品はシリーズ物としての魅力がますます発揮されてきていると思
2件1件

この作者の作品

もっと見る