十六歳
1/9
/117

十六歳

──漆黒の者がこの世界を創り、そして滅ぼそうとした神話があった 其れは遥か遠い遠い昔の物語 勿論其の全貌を知る者はもはやこの世界にはいない だたひとつ 真実を知る術はたったひとつのものだけに託された 『──其の時が近い』 真っ暗闇の空間に木霊する声 『真実を知った者が直に動き出す』 静寂に満ちた暗く冷たい場所から早く去るために 『バルダーニ王よ、今こそ約束を果たす時ぞ』 虚空が揺らいだ瞬間、真っ暗闇の空間は一瞬にして眩い光を放った──
/117

最初のコメントを投稿しよう!