変化
1/8

変化

あの社会見学を境に、アメリアにはとある変化が見られるようになった。 「お父様、今日は午後からフェルと乗馬の稽古をしたいと思うの。いいかしら」 「あぁ、勿論だ。いざという時に馬にも乗れなかったら不便だろうからな」 「ですわよね。初めてだからまずは馬に慣れる事から始めようとフェルが云うんです」 「……」 アメリアの変化にいち早く気が付いたのは両親であるバルダーニとメナムだった。 「お母様、この野菜ソテーの味付けは初めてじゃありません?」 「あら、そういえば。よく気が付いたわね、アメリア」 「えぇ。だってとても美味しいんですもの──と、だからといって今までのお味がどうとは思っていませんよ」 「……」 始めは其の変化に驚きこそしたけれど、其れは良い方向への変化だった為にさして気にする事はなかった。