金の父、銀の父

雄性配偶子の遺伝子編集が認可された日本の話です。

文月葉月

SF 完結
17分 (9,736文字)
現実に起こりうる危うい法制度と、技術に振り回される家族の話の2つで構成されます。2015年夏に書いた短編です。

0 5

あらすじ

2045年、少子化に悩む日本。そこでは[インプルーブ・ジェニター(improve genitor)法]の下、遺伝子編集が認可されていた。 譲治は妻の八重子の勧めで遺伝子編集を施した第二子、デザイナーチ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る