もう海へはいかない

おとぎ話的な日常ファンタジー(微ホラーww)ラブストーリー(リバ注意)です。

40 355

BL 完結 過激表現
1時間4分 (38,063文字)
閲覧ありがとうございます。不慣れな上に、拙いものですが、よろしくお願いいたします。

あらすじ

昌樹《マサキ》は、無気力無関心大学生。恋人と別れて孤独を深めている彼の部屋に突如転がり込んできた不思議少年、水音《ミナト》。遇って2時間で、彼は自分をゲイだと言った。お互いをよく知らないままに、惰性で

感想・レビュー 2

水溶性のファンタジー

するすると一気読み出来る軽やかな文体、結末を早く知りたくて次々とページを進めてしまいました。終始流れる儚さは正しく水溶性で、無駄な質量を省いたような透明感が何とも好みです。 水音くんの可愛らしさが際立

魅力が詰まった作品。

若さゆえの甘酸っぱさ、瑞々しい恋心、青春そのものって感じの描写、 驚愕の展開、精神的な病み、めくるめく謎、 男としてのかっこよさ、男の子としてのかわいらしさ、 そして、がっつり堪能できる濡れ場。 青春

その他情報

公開日 2019/2/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る