紫紺の山

山の神。人々に与えるのは幸せなのか、それとも…

17 166

14分 (7,873文字)
星賀勇一郎 短編小説 第三十二弾

あらすじ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第97回「お返し」 優秀作品 山の恵みに感謝して一年に一度、その年に十五歳になる少女を比布女と称し捧げる 大人になろうとしている少年はその少女を山に連れて行

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/2/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る