手紙

1/2
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/82ページ

手紙

 早苗、元気ですか。  今月分、振り込みました。  先日、仕事を変えました。特殊遺失物係で調査員をしています。給料はすこし減りましたが、そのぶん、仕事の時間をつかってぼくを探せます。  ぼくには、なくしたものを探す才能があるそうです。ですから、きっとぼくはぼくを見つけることができるでしょう。それまで待っていてください。  今回は「心のつたわる手紙の書き方」というものを読んで書きました。以前のぼくがどんなふうに書いていたかわかりませんが、気持ち悪かったらやめます。  早苗、元気ですか。  いつのまにか夏になってしまいましたね。  今月分、振り込みました。  すこし多いのは報奨金が入ったからです。差し支えなければ翔太になにか買ってあげてください。おもちゃでも、なんでもいいです。ぼくからだとは言わないでください。ぼくは翔太になにかしてあげたくて、しているのではなく、こういうときには息子になにかしてあげるべきだと思うからです。あなたが欲しがっている、そして以前のぼくが持ち合わせていたような心から湧き上がるような気持ちでしているのではありません。  毎日、あの駅で降りて自分を探しています。     
/82ページ

最初のコメントを投稿しよう!