特集

陰蝕の鬼

パラレル時代劇っぽい恋愛ファンタジー

86 2,154

歴史・時代 完結 過激表現
4時間43分 (169,680文字)
240~245ページまで、若干エロがあります。ご注意ください!飛ばして読んでも問題ありません。

あらすじ

時は、承応六年(江戸時代初期)。 京のでは、むごたらしい殺人が頻発し、鬼が跋扈するという噂が飛交っていた。 下僚役人の息子である宮部恭一郎は、ある夕暮れ独りの異形の者と出会う。 鬼と異形の者の正体を追

目次 42エピソード

もっと見る

感想・レビュー 1

時代ものと読むか、人外妖ものと読むか、BLと読むか

兎にも角にも、作者さまは多くの時代小説を読まれて来たのだろうな、と思えます。情景描写や小道具、台詞回し、全てに時代ものへの愛情と憧憬がそれも押し付けがましくなく籠められ、ぐいぐいと引き込んで下さいまし

その他情報

公開日 2019/2/26
特集

歴史浪漫特集

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る