♯悪の親玉が放った迷言

1/9
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ

♯悪の親玉が放った迷言

都心から少し離れた荒野で、 戦隊ヒーローと悪の軍団が交戦していた。 あちこちで起こる爆風と砂塵(さじん)。 光線銃が飛び交う戦場。 徐々に激しさを増す状況に、 現場を指揮する、 悪の親玉の声にも力がこもる。 そんな激闘が繰り広げられている最中(さなか)、 鳴り響く携帯電話の着信音。 各々、一旦戦う手を止めて、 音源がどこか キョロキョロと探し始めたので、 悪の親玉は内心 マナーモードにしなかったことを()やんだ。 ばつが悪そうに (ふところ)から携帯電話を取り出すと、 画面に表示されている 着信者の名前を確認し、 そのまま流れるように通話ボタンを押した。 そんな悪の親玉の姿を見て、 何も見なかったかのように 両陣営は再び戦闘を再開した。
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!