1/3
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/19

「始祖、始祖……っ」  山の木立を縫って遠くから声が聞こえてきた。  少女は遊んでいた手を止め、声のした方を振り返る。肩甲骨までを覆う長い黒髪が、動きに合わせて翻った。  まだ呼び声がしている。はっきり聞こえたその声は祖母のものだ。 「もう……『始祖』じゃないって何度も言っているのに……」  少女は頬を膨らませると、ぷいとそっぽを向く。 「……私は、カグヒメだってば」  ぼそりと呟いたその声を掻き消すように、祖母の呼び声が被さる。ここで遊んでいることを祖母は知っているはずだ。  きっと後で来るのだからと、カグヒメは一人遊びを続行することにする。  ――そうだ。隠れて吃驚させても面白いかも。  何度言っても改めない祖母に、ちょっとした悪戯をしてやるのだ。  カグヒメは辺りを見回す。緑が茂る木の葉や草むらは、その先を化粧し始めていた。しかし、まだ落葉の季節ではないから、隠れる場所は沢山ある。  手頃な場所を見つけた時、ぎしりとカグヒメは動きを止めた。刺されるような視線と気配を背後から感じたからだ。  祖母ではない。それを証拠に、まだ遠くの方で祖母が自分を呼んでいる。  ――誰だろう。全然気がつかなかった。     
/19

最初のコメントを投稿しよう!