慎重にTASK

1/8
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/55

慎重にTASK

 数日後、ハイドアウトにはみんなの姿があった。 「今回のタスクは夜に実行する。まず俺とロニー、エタンダールは軍人に変装して、屋敷内に忍びこむ」  ジャンの言葉にロニーとエタンダールが頷く。グレースがお手製の軍服を三人に配って回った。 「ねぇ、グロスターは軍服着ないの?」ウィルマが聞いた。 「うん。ティベッツの屋敷を警備する軍人の中には、僕みたいなぽっちゃり体型がいなくて。もし僕が軍服を着て見つかったら、まずいと思うんだ。今回も僕は後方支援で車の中にいるから必要ないよ」  残念そうな声でグロスターは答えた。 「はい、これ」  グレースがグロスターに紙袋を差し出した。グロスターが中身を取り出すと特大サイズの軍服が入っている。 「え、でも僕は屋敷に入らないよ。今回はずっと車の中だし」 「グロスター、軍服着たかったんでしょう? いいじゃない、後方支援も大事な仕事よ」  戸惑っているグロスターにグレースが優しく微笑んだ。 「ありがとう、グレース。本当は僕も着たかったんだ、軍服」  グロスターは嬉しそうに軍服を紙袋にしまった。
/55

最初のコメントを投稿しよう!