1/9
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ

「これ……うけとってください!」  もじもじと背中の後ろに回していた手が、目の前に差し出される。  世の中はおりしもバレンタインだ。  その手の上にあるものも、チョコかと思ったら……。  黒光りする光沢を放つ、つるつるに磨かれた泥団子だった。 「ごめいわくかともおもったのですが、どうしても、きもちをつたえたくて」  目の前の幼きレディー、朽木 愛理(くちき あいり)ちゃんは、たどたどしくもやけに気遣いにあふれたセリフで、手の上の泥団子をずぃと押し出す。 「ありがとう」  僕はそれを心からの笑みで受け取った。 「ハルくん、愛理ちゃん。そろそろ暗くなってきたから、中で遊びなさい」  直美さんがベランダを少し開けて、中から呼びかけてくる。 「はーい! いこう、ハルくん」 「え、でもコレ……」  今、渡されたばかりの光沢を放つ泥団子をもってうろたえる。 「ハルくん、しょせんはおままごとなの。もったいないのはわかるけど、またつくってあげるから。ポイしなさい」 「あ、ハイ」  5歳児に諭され、僕は手の中の泥団子をそっと砂場に戻した。 「ハルくん、おすなあそびをしたあとは、ちゃんとてをあらうんだよ?」 「さすがは愛理ちゃん、偉いね」     
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!