ロボットな同僚

6/11
63人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ
だから私は、彼が苦手なのだ。 もうすでに彼は無言でパソコンに向かっていたし、私も無言で入力を続けた。 そのうち残っていた人もひとりふたりと帰っていき、気づけば彼とふたりっきりになっていた。 カタカタとキーを打つだけが響き、なんだか空気が重い。 苦手な彼とふたりっきり。 さっさと終わらせて帰りたくて、キーを打つ手をさらに速める。 「おわっ、たー」 保存だけして発注はせずに画面を閉じる。 最後、駆け足で入力していただけに間違っていたらと思うと怖い。 明日、チェックしよう。 「お疲れ様でした。 お先に失礼します」 さっさと片付け、そそくさと席を立つ。 「お疲れ。 俺も帰るから」
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!