ベルベットの騎士

129/129
36人が本棚に入れています
本棚に追加
/129ページ
「ああ、すまない肝心の主役を蚊帳の外に置いてしまったね。実は君に私の養女になって貰いたいのだよ」 「え!?」 「つまりさ、僕の本当のお姉ちゃんになってって事だよ!」 丁寧に説明しようとする父親をじれったそうに押し退けて、ウィルが父の後ろからピョコンと顔を出した。 「でも、私は……」 フィナンシェの瞳から涙が溢れる。 それは頬を伝い、彼女の胸元を温かく濡らした。 「それに家に来たら焼き菓子食べ放題だよ!」 ウィルはパッと両手を広げて笑う。 その足元でフエゴが頭の飾り羽をゆらしながら、“やったね!”と歓声を上げた。 ベルベットの騎士来たりて彼の者を救う── その日、秋空は眼に痛いほど青く、どこまでも輝いていた。
/129ページ

最初のコメントを投稿しよう!