ティアドロップを聴かせて

その雫の先に途方もない幸せがあってくれたら

詞藤 ルキ

5時間13分 (187,719文字)
色と音を感じていただけたら幸いです

25 706

あらすじ

日本のどこかにある筈なのに、そこで生まれ育った人しか存在を知らない。地図をくまなく探しても名前は見つからない。そして人間の言葉を理解し扱う〈カタリベ〉という動物たちが暮らしている不思議な場所、〈イナカ

感想・レビュー 3

本物の空

映像やイラストではなく、小説だからこそ表現できるものを描写したい。小説を書くにあたり常々思っている事です。 少し不思議な世界で暮らす魅力的な登場人物(動物)達。悩み、迷いながらも前へ進もうとする少年
1件1件

観客の一人として

この小説は章が「track」によって再構成されています。 トラック。webで調べると「歌や楽器のパートごとに、別々に録音されたもの。後で合成されて一つの音楽作品となる。」とのこと。 太陽と紫月をメイン
1件1件

本当に大切な夢は簡単に消えない。

少し変わった世界の中で毎日を送る太陽と友人たち。そこに現れたのは、何もかも拒絶している紫月という少女。 真っ直ぐな少年と素直になれない少女。 二人を繋げたのは、それぞれが抱いた夢。二人の心が響き合うク
1件2件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る