刻々と黒々と

死ぬってどんなこと?

2 9

1分 (229文字)
時間をかけて考えてよかった作品です

あらすじ

大学の時に死について考えた作品 その時は結末が思い付かずに 埃を被って置いていたイメージ それからとある人と出会い わたしの不安を取り除くきっかけをくれたお陰で、最後のドアを開けた。 詩のような

感想・レビュー 1

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2019/3/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る