2.儀式

27/29
373人が本棚に入れています
本棚に追加
/44
 教えてもらったばかりの名を、馬鹿みたいに何度も呼んだ。その度に凪が嬉しそうに息を詰めるから、そんな彼を見て私まで嬉しくなってしまう。お返しでもするように激しく膣内を穿たれるけれど、初めてだというのに私は快感しか捉えられていなかった。 「はあぁっ、なぎ、なぎはっ……? 凪も、きもちいのっ……?」 「っ……! お前、人の事を気にするなっ」 「だって、わたしだけじゃ、やだっ……、なぎも、気持ちよくなってほしいっ……ひんっ、ぅあああっ!」 「あまり、雄を煽る台詞は、言わぬほうが身のためだぞ……っ、くそっ、抑えられなくなるっ!」  まるで貪るように、凪の硬くなった剛直が私の体内を這いまわる。先ほど舌で舐られた奥の方までそれは届いていて、内臓を押し上げられているような気さえする。でも、そんな激しい動きでさえ気持ちよくなってしまうのだから恐ろしい。これが凪の体液のせいなのか、はたまた私の体のせいなのか、本当のところは分からないけれど。 「なぎ、凪っ、どうしよう、きもちいっ……! 凪の、ずりずりされるの、きもちぃのぉっ……!」 「ふっ、そうか……っ、やはり愛いな、天音っ……! 俺の目に、狂いは無かったようだ」 「あっ、あっあーっ!! はぁっ、ん、なぎ、もっとっ……!」  甘えながらそうねだると、凪は喘ぎ声を漏らす私の唇に噛み付いた。受け入れるように口を開くと、すぐに長い舌が侵入してくる。そして私の短い舌にそれを巻きつけると、扱くように前後に動かした。  途端に、舌までもが甘い痺れに襲われる。まさかこんな場所でも感じてしまっているのかと驚く一方で、もっと凪に体の隅々まで喰らい尽くしてほしくなる。  そんな願いが通じたのか、凪は唇を解放すると今度は私の耳に舌を巻きつけて、そのまま声を直接吹き込むように囁いた。
/44

最初のコメントを投稿しよう!