誰のため?

3/7
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/7
「てか、泣きすぎ。涙で顔ぐちゃぐちゃじゃん」 「ヒック……もう、さっきからなんなのほっといてよ」 ごしごしと目元をこする彼女の手にパッと手が伸びる。 「そんなにこすったらもっと腫れるだろ」 「うるさい!いいから、私に構わないで」 両手で彼女の手を拘束し真っ赤でぐちゃぐちゃになった顔をじっと見つめる。 「嫌だ、構うよ」 「なんなの本当に。ひとりで泣かせてよ」 「嫌」 彼女の瞳からポロポロと雫が零れ落ちる。 「なんなの、ヒック、グスッ……最低、バカ、優しくするな」 落ちていった雫を追うように次から次へと彼女の瞳からは悲しみが溢れ出る。 拘束していた手を解いて、僕はそっとまるで割れ物でも扱うみたいに涙の筋ができた頬に触れた。 親指で零れる涙を拭えば、彼女はじんわりと頬を赤に染める。
/7

最初のコメントを投稿しよう!