大正浪漫的恋文(大正ロマンチックラブレタア)

今生で結ばれなくても、いつかまた必ず君と巡り会い、君を愛す

44 234

BL 完結 過激表現
14分 (7,865文字)

あらすじ

「自由結婚」、そんな言葉がありつつも親同士が決めた相手と結婚することが常識だとされていた大正時代。 華族の嫡男として生まれた西園寺千歳は、既に決められた結婚に何の疑問も持たず、国のため家のため、英国

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/3/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る