契約解除
全4/4エピソード・完結
16/17

契約解除

そんな事ばかりを考えて数日が過ぎたーーー。 当然会社は休んでいた。疲れはて、仕事へ行く力が出ないのである。 部屋の中は散らかり、嫌な臭いがしているのに沙織はどうでもよかった。 沙織の形相は痩せて、風呂にもろくに入っていない。 そんな事よりも原田さんの事ばかりを考えていた。 嫌な雰囲気の中ーーー。 沙織は忘れていたのだが、あの悪魔との契約を悪魔は忘れてはいなかった。 悪魔は沙織に話しかけてきた。 「おい!わたしの方は約束を守ったぞ!お前も守ってもらう。」 「え?何が?何の約束よ!そんな事知らない!帰ってよ!」 「わたしはちゃんとあの男を一応お前のものにしてあげた。だからちゃんと代償を払ってもらう。」 「わたしのものにならなかったわ!だから契約は成立していない!帰って!」 悪魔との契約はそんなものである。 悪魔は一応原田さんとの仲をとり持ったからそれでいいのである。 簡単に悪魔との契約をした沙織がいけなかったのである。 「そんな!分からない!契約なんてしていない!契約解除よ!」 「そうか。それならお前の命をもらう。わたしは守ったがお前は守らないのであれば契約違反だ。あきらめろ。」 「ひどい!そんな事知らない!命なんてあげない!帰って!」 悪魔はそんな事はどうでもいいのだ。 約束を守らない人間が悪いのだと。 そして時には残酷なのが悪魔との契約というものである。 悪魔に願った沙織の負けだ。 いざとなると命が惜しくなるのは人間である。 「では、遠慮なく頂いていく。約束は守ってもらう。」 そう言うと悪魔は躊躇なく沙織の魂をとりあげたのであった。 沙織はそのつまらない執着のお陰で命をおとした。
16/17

最初のコメントを投稿しよう!