中距離恋愛

6/7
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ
准也・・・。 私も会いたいよ・・・。 我慢していた涙が溢れ出てくる・・・。 「准也、会いたい、会いたいよ・・・」 言葉に出したら涙はますます止まらない。 すると、 「華、俺も会いたかったよ。中々会いに来れなくてごめん」 と准也に後ろから抱きしめられた。 私は、何が起こっているのか驚きすぎて涙も止まってしまった。 振り向いて准也の顔を見上げた。 そこには、会いたくて会いたくて仕方がない准也が居た。 「えっ?どうして准也が居るの?私たちもう別れるしかないのかと思っていて・・・。」 「バカだな!何で別れるんだよ。華に会いたかったけど就活が忙しくて、決まったら華に会いに行こうと思って、華も慣れない仕事で頑張ってると思ったら、俺も頑張らなくちゃと思って」
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!