アトガキ

1/1
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/16ページ

アトガキ

拙作をご高覧いただき、ありがとうございます。 この話は、超妄想コン第97回「お返し」に応募しています。 ある日、遺失物として届けられた壺。 主人公・南原は、何気なく蓋を開けてしまったことで、壺の封印を解いてしまいます。 程なく、南原達の職場に変化が現れます。 悪意の矛先となる大西は、元々多少粗暴でしたが、ルールは守る人物でした。しかし、徐々に我が儘になり、手が付けられないほど横暴になっていきます。 同時に、憎しみや怒り、恨み、憤り、殺意――様々な悪意が大西に向かい始めます。 これらの悪意は、夜毎壺の中に吐き出されていきます。そうして、壺は、少しずつ少しずつ重くなって……。やがて、必要量を超えた悪意は――。 南原達の職場には、平穏な日常が戻ります。しかし――それは壺自身が目的を果たした「返礼」でもありました。 いずこから現れ、いずこへと消えた壺。 悪意を生む素地に潜り込み、人間関係のバランスを崩し、スケープゴートを作り出した、壺。 南原達に取って、壺は不要の存在になりましたが、壺に取っても、彼らはもう不要の存在だったのですね。 壺は、入れ物です。 中に、何を入れるのか、何が入り込むのか。潜んでいるのか。 そして固い蓋は、封印であり警告です。安易に開けてはならなかったのです。 あとがきまでお付き合いいただき、ありがとうございました。 また、他のお話でご縁がありましたら、よろしくお願いします。 2019.3.13. 砂たこ 拝
/16ページ

最初のコメントを投稿しよう!