第五部 別れ

1/18
18人が本棚に入れています
本棚に追加
/161ページ

第五部 別れ

ホテルで三人の人間を仕留めてから、暫く平穏な日々が続いた。平穏な日々と言っても、いつ殺しの仕事が舞い込んでくるか分からない。トレーニングは日々、欠かさずおこなっている。 トレーニングも仕事のうちだ。だからと言って、トレーニングばかりじゃない。イマージュの店員としての仕事もこなしている。そうしていないと、日常の全てを忘れてしまいそうで、恐かったから。  店の奥で、店頭に並べる花の準備をしていた時、ルイナさんとメロウが、車から降り、店の中に入ってくる。新たな仕事なのだろうか?今回は、どっちが殺しを担当するのだろう。私かな?メロウかな?そんな疑問を頭に浮かべていたが、ルイナさんの表情がいつもよりかなり険しい。 どうしたのだろう?又、大掛かりな仕事なのだろうか? 「メロウ、りいな。二人ともよく聞いて。かなり大掛かりな仕事が入り込んできたわよ」  私の顔を見るやいなや、話し始めたルイナさん。 「大掛かりな仕事って……。どんな?」  いきなり大掛かりな仕事と言われても、よく分からない。一体、どんな内容なのだろう。     
/161ページ

最初のコメントを投稿しよう!