別れと出会い

2/11
324人が本棚に入れています
本棚に追加
/203ページ
676b7e62-ce45-4a88-b362-3a3b42d28c69 その夜、9時過ぎエリが差し入れのケンタッキーと缶ビールを持って来た。 「華!差し入れだよ」 「サンキュー」 「できた?」 「悩みんぐ」 「さよか。じゃ手伝いんぐしてやるか。どこ悩みんぐ?」 「ここなんやけど…ここってやっぱり記事より写真メインよね?どう思う?」 「そやなあ。やっぱり視覚的に訴求した方がいぐね?」 「それどこ弁?」 「知らん」 「ま、とりあえずチキンで乾杯しよ」 「そうね」 広さ20畳の編集室にはわたしとエリの二人。それで休憩がてら酒盛りしていると、エレベーターホールの方から足音。 ーー誰か来た… ーー男の足音? ーーだれ? (あせ)って机の上を片付けていると 「よお!頑張ってる?」と (さわ)やかな笑顔とともに入ってきたのは三枝(さえぐさ)編集長。
/203ページ

最初のコメントを投稿しよう!